モラショップ サン&サン

注文方法&当店のモラについて 

パナマ、クナ族の民族衣装 「mola」 を販売しています

メール
 sun&sun topへ      
モラとは?
    
        モラ とは?

   モラ は、中南米パナマの東側、カリブ海に浮かんだサンブラス諸島に住んでいる
   クナインディアンの女性が着ている民族衣装のブラウスです。
   そのブラウスを「モラ」と呼びますが、胴体部分の前と後ろの飾り布自体も「モラ」と呼びます。
   一般的にはこちらの飾り布の方を目にすることが多いと思います。
   「モラ手芸」 「逆アップリケ」 「リバースアップリケ」 という人もいます。
   
   クナ族の女性は自分が着る為にモラをつくり、飽きたり現金が必要になるとモラを売ります。
   作り方は母親から娘へと伝えられ、それぞれ腕を磨きます。

                 
                      パナマの地図のモラ

              モラの作り方

   モラは色の違う2枚の布を重ねて上の布を切ってまつる事により下の布の色を均一に出し、
   さまざまなモチーフを表現します。そのモチーフを基本に発展させたり、アップリケをしたりして
   すきまなく埋めて色んな風に仕上げます。初めて画像を見た方は、1枚の布に
   何かを書いたように見えるかもしれませんが、モラは最低2枚の布から作られています。
   

              モラの着方

   モラ のブラウスを着たら紺地のお腰をモラの上から巻きます。
   頭にはオレンジ色のスカーフをかけて耳にかけます。
   腕と足のふくらはぎにはビーズで出来た幅の広いブレスレットをつけます。
   鼻に金のリングをつけて、鼻筋に黒で線を書きます。
   ネックレスやイヤリングは金の大ぶりなものをたくさんつけます。
   足元は素足かサンダルです。
              
            スカーフ                          お腰 
       こういう正方形の柄が2つ並んでいます。        縦は半分に折っています。


                
            クナ族の服装をかなり正確に表現したお人形です。

             クナ族について

   パナマ、サンブラス諸島に住んでいます。人のすんでいる島は目いっぱい家が建っています。
   クナ族は女系で、女の子が生まれるととても喜ぶそうです。
   小学生くらいになると母親からモラを習うようになります。
   女性は家事の合間に強い日ざしの下でモラを作ります。
   
   家の外では洗濯物を干すようにひもにモラを下げています。
   モラやモリータ、モラ風のTシャツなどもお土産に人気のようです。

   男性の服装は白っぽいシャツにズボン(あえてパンツとは書きません)とシンプルです。
   漁に出て魚をとったりするのがお仕事と思われます。
 
   小さい女の子は、モラをワンピース風にしたものを着たり、もっと小さい子は
   モラで作ったよだれかけのような物をつけたりするようです。
   子供のモラはたくさんの色をすきまを明けないように使い、かわいく作ったものが多いようです。
   
   
             タペストリー

   2枚組のものが手に入ったときに、簡単にタペストリーを作って楽しめます。
   縦につなげて後ろ用に用意した布と、棒を通す部分を縫うだけです。
   小さいものなら横に並べてもかわいいです。

             


         モラの歴史など色々な情報はこちらへ。→  

  モラに関連した情報を書いてみました。
    簡単ではありますが、少しずつ書き足していけたらと思います。